自宅のルーターをVPNサーバーとして利用する part2 モバイルデバイスの設定

VPN mobile

「自宅のルーターをVPNサーバーとして利用する」のpart2です。前回のpart1ではルーター(ホームゲートウェイ)の設定を行ないました。今回は実際にVPNを利用するスマホやPC側の設定を行います。

part1では以下の設定を行ないました。

  • ルーターにログイン
  • VPNサーバー機能有効化
  • VPNユーザー名とパスワードの作成
  • 自宅IPアドレス変更時の通知
  • 事前共有鍵の取得(今回利用します)

前回自宅IPアドレスの確認を漏らしていたので、ルーターの管理画面左側の「情報」→「現在の状態」で表示された画面最下部「機器状態情報」→「メインセッション」の「WAN側IPアドレス」の値をメモっておきましょう。

homegateway5

「WAN側IPアドレス 確認」で検索したサイトを利用することでも確認できますが、自分のルーターで確認するのが確実でオススメです。

注意:本内容によりトラブル・不利益が生じても、当方一切責任を負いません。

iOSのVPN設定

「設定」→「一般」→「VPN」→「VPN構成を追加」を選択します。

vpn-iphone

タイプが「L2TP」になっていることを確認したら、それぞれ下記の要領で入力していきます。

  • 説明     VPN設定を保存する際のタイトルです(ex.自宅)
  • サーバ    ルーターのWAN側IPアドレス
  • アカウント  part1で設定したユーザー名
  • パスワード  part1で設定したパスワード
  • シークレット part1で取得した事前共有鍵

入力が終わったら、画面右上の「完了」をタップして保存します。早速接続して見ましょう。「未接続」と表示されている右横をタップしてVPN接続を開始し、画面右上に注目します。設定に問題が無ければ、この記事のアイキャッチ画像にある「VPN」という文字が丸囲みで表示されます。

VPN
つながったでしょうか?

このマーク、以前はVPN接続中はずっと表示されていたのですが、今は接続に成功した瞬間に表示されて直ぐに消えてしまいます。個人的には表示されたままの方が良いのですが、iPhoneの画面にノッチができて、表示領域が少なくなったので仕方ないかもですね。

ここでルーターの管理画面を見てみましょう。VPN接続が確立していることが分かります。

homegateway6

接続がうまくいかない場合はユーザー名・パスワード、事前共有鍵をしっかり見直しましょう。ユーザー名とパスワードは自分で設定するため誤りに気付きやすいのですが、事前共有鍵は0(ゼロ)とO(オー)等の区別が非常に見辛いです。慎重に入力しましょう!

AndroidのVPN設定

要領はiOSと同じです。手元のLG製端末(Android4.4.2)でVPNを登録します。

  • 説明       VPN設定を保存する際のタイトルです(ex.自宅)
  • 種類       L2TP/IPSec PSK
  • サーバーアドレス ルーターのWAN側IPアドレス
  • IPSec事前共有鍵  part1で取得した事前共有鍵

これで一旦「保存」し、保存されたVPN設定(ex.自宅)をタップしたら

  • アカウント    part1で設定したユーザー名
  • パスワード    part1で設定したパスワード

認証情報が登録できたら接続します。画面上部に鍵マークが表示されたら接続成功です(OSバージョンや機種によって異なるかもしれません)。

Windows 10のVPN設定

検証機はWindows 10 Professional バージョン1909 です。「設定」→「ネットワークとインターネット」→「VPN」→「VPNを追加する」をクリックします。

  • VPNプロバイダー     Windows(ビルトイン)
  • 接続名          VPN設定を保存する際のタイトルです(ex.自宅)
  • サーバー名またはアドレス ルーターのWAN側IPアドレス
  • VPNの種類        事前共有キーを使ったL2TP/IPSec
  • 事前共有キー       part1で取得した事前共有鍵
  • ユーザー名        part1で設定したユーザー名
  • パスワード        part1で設定したパスワード

Windows 7と比べて設定項目が随分少なくなった印象です。

MacのVPN設定

テザリングの不調で検証できませんでしたが、やることはOSが変わっても同じです。「システム環境設定」→「ネットワーク」→画面左下部の「+」をクリックします。下記情報を登録したら「作成」をクリックしてください。

  • インターフェイス     VPN
  • VPNタイプ        L2TP over IPSec
  • サービス名        VPN設定を保存する際のタイトルです(ex.自宅)

次に、画面右側に表示されている項目を入力していきます。

  • 構成           デフォルト
  • サーバーアドレス     ルーターのWAN側IPアドレス
  • アカウント名       part1で設定したユーザー名

ここまで入力し終えたら「認証設定」をクリックします。

  • パスワード        part1で設定したパスワード
  • 共有シークレット     part1で取得した事前共有鍵

「OK」をクリックしてウインドウを閉じたら接続してみましょう。

part2は以上です。次回はVPNを経由して自宅の固定電話を利用します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました