アーマーケースがやってきた! 祝・ラズパイダさん2周年&プレゼント企画に当選

case-2 Raspberry Pi

楽しませて頂いているサイト「ラズパイダ」さん

我が家にラズパイがやってきたのは今年に入ってまだ寒かった頃。ラズパイどころかLinuxの知見も大して無く、情報収集に明け暮れていた頃に見つけたサイトの一つが「ラズパイダ | 文系的Raspberry Pi情報サイト」さんでした。

「興味深い記事が多くお洒落で読みやすいサイト」とくればファンにならない理由はありませんね。そのラズパイダさんがこの度めでたく2周年を迎えられ、何と記念プレゼント企画を行われることを知りました!(注:2020年7月7日で企画は終了しております)

当選者にはDMでお知らせ—2周年記念プレゼント企画

プレゼント商品は2つあり、一つ目は何と「Raspberry Pi Zero W/WH」です。これはかなり希望者がおられたのではないかと思います。そして、二つ目は「アーマーケース」。私のLinux・ラズパイの師匠も絶賛していた、ずっと欲しかったケースがプレゼント商品とは!・・・と脳が思考している間に応募が完了していました(笑)

Twitterを利用して行われたこの企画、応募方法が手軽だったのもポイントでした。

  • ラズパイダさんをフォロー
  • ハッシュタグ「#ラズパイダ」をつけて
  • お気に入りの記事をツイーツするだけ

最近は応募するのに多くの項目を登録しないといけないキャンペーンも多いですからね。ラズパイダさんの応募者への配慮が素敵でした。

プレゼント企画に当選!ケースがやってきた

応募締め切り翌日になんと当選通知を頂戴しました!やったー!!そこから数日でケースが我が家に到着。全国的に豪雨でライフラインに影響が出る中、とても迅速にお届け下さったのでした。関係者の皆さま、本当に有難うございましたm(__)m

case-1
カッコイイ!

早速組み立ててみました。ウキウキです!!

case-2
じゃーん

中身は愛用の4B4GB機・・・ではなく、この度新たに入手した4B8GB機です。だって、ケースがあるのに中身が無いとか寂しいじゃないですか。

ちなみに、大人の事情により財務大臣には「ケースとラズパイがセットで当選した」と報告したのは言うまでもありません。ラズパイの冷却も大切ですが家内の冷却はもっと大切なのであります。激しく頷いている全国の殿方、いつかじっくり語り合いましょう。

早速起動してみます。ファンレスのケースなので当たり前ですが無音。静かなのは嬉しいですね。言い忘れておりましたがOSはRaspbian OS 64bitを入れてみました。起動後の温度は46度前後。無負荷ということもありますが優秀な冷却性能です。

さて、ところで私sandambaraはRosetta戦士なので早速セットアップしてみます。

sudo apt-get install boinc-manager boinc-client boinctui

勿論オーバークロックの設定も忘れません。アーマーケースの冷却性能を信じ、容赦なく2GHzからスタートです。

over_voltage=6
arm_freq=2000

/etc/boinc-client以下の設定ファイルに手を加え早速サービスをスタートさせます。

sudo systemctl start boinc-client

数分後。システムが止まることもboinc-clientが落ちることも無く順調です。「よしっ!」と小さくガッツポーズを取りながらデスク周辺を整理していたとき、右手がケースに当たってしまったその瞬間「アッッツウゥゥゥゥイィィィ!」と思わず声が出てしまいました。

watch -n 1 vcgencmd measure_temp

83度・・・これはアカンやつです。サーマルスロットリング余裕で入っておるじゃないですか。流石にこれはファンを回さねばということで、自作タワーで利用していたファンを引っ張り出してきて投入しました。

4B4GB
カッコよさとオシャレ感を一撃で吹き飛ばす12Vファン

ケースのデザイナーの努力を完全に無視したレイアウトですが、とりあえずこれで64〜65度まで冷えたので一安心です。

4B用のケース・・・?

ところでこのケース、一つ気になることがありました。

case-3
アッッツウゥゥゥゥイィィィ!になる数分前の図

ケース下面、基板側に凸状の膨らみがあります。組み立てるときに基板に当たりそうで心配だったのですが、僅かにクリアランスがあるのでそのまま組み上げました。

で、この事をラズパイ仲間に話したところ「それ、もしかして3B用のケースじゃない?」という指摘がありました。3Bのケースは確かに基板下部にもケースと密着する箇所があるとのこと。気になったのでラズパイダさんにお尋ねしてみました。

実は今回のプレゼント企画はラズパイダさんが懇意にしておられるショップ「NewLife NewDesing」さまが協賛されていたのですが、ショップと私が直接やり取りできるようラズパイダさんが手配して下さいました。ここに至るまで、ラズパイダさんのとても心強いお言葉が沢山あったことも申し添えさせて頂きます!

NewLife NewDesing
ニューライフ

神対応!NewLife NewDesingさまとのやりとり

画像を添えて NewLife NewDesingさまにメールを送ったところ大変丁寧な返信を頂戴しました。要約するとこのような内容です。

  • 店舗の在庫を確認したが、同様にケース下面基板方向に突起があった。
  • 但し、同じ商品でも色によっては突起が無いものもあった。
  • 3Bと4BではHDMI端子のサイズが異なるため、sandambaraの手元のケースが3B用であったなら、該当部分のスリットがもっと大きかったと思われる。
  • 以上より4B用ケースであると言えるが、不安であれば他の色になるが突起の無い物と交換するので意向を聞かせて欲しい。

開封済みどころか既に利用してしまっていることをお伝えしているにもかかわらず、利用者が不安を感じることの無いよう最大限配慮される姿勢には思わず感動してしまいました。

結論的には4B用であることが確認できたので、交換不要であることをお伝えしてクローズに至ったのですが、ユーザーを大切にされるラズパイダさまとNewLife NewDesingさまのご対応には気付かされることが多かったです。真摯にご対応下さり本当に有難うございました!

アーマーケースその後

基板付近の突起部には念のためビニールテープを貼りつけ、今日も元気に8GB機を冷やし、守ってくれています。ちなみに私のラズパイはこんな感じで働いているのですが、

raspberry pi on Rosetta
常時全コアフル稼働

こんな過激な使い方でもなければ、ファンレス運用も可能だと思います。流石「全身ヒートシンク」は伊達ではありませんね。ケース選びでお悩みの皆さん、是非お試しください!

最後に

ラズパイダさん、この度は夢のあるとても素敵な企画を本当に有難うございました。これからもラズパイダが益々盛り上がっていかれることを心から願っております!

ラズパイダ
文系的Raspberry Pi情報サイト
NewLife NewDesing
ニューライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました